いざという時にお金を作る現実的な方法とは?時間と手段で攻めてみよう

お金が足りないとピンチに陥った時には、つい視野が狭くなってストレスがかかってしまいがちです。

悩んでいてもお金を作る方法は自動的に生み出されないからこそ、お金が足りない原因を分析した上で効果的なお金の作り方を知る必要があります。

なぜなら、何となくお金が足りないと考えているだけでは、つい時間ばかりが過ぎ去ってお金を作るチャンスを逃してしまうからです。

では、どのような方法でお金を作ればよいのでしょうか。

お金が足りない状態が常に発生しているならば、根本的な解決をしなければ苦しい状態が続いてしまいます。

しかし、予定外の出費が続いて一時的にお金が欲しいだけならば、一時的にお金を作る方法さえ知っていれば後日収支を合わせて何事もなく過ごせるはずです。

つまり、なぜお金が不足していて現金を作らなければならない状態になっているのか、最初に知った上でお金の作り方を選ぶ必要があります。

実際にお金の作り方は複数存在していて、短期的にお金を作る方法だけでなく永続的にお金を稼ぎ続ける方法まで様々です。

数多くある手段の中から自分に合ったお金の作り方を見出すためには、判断基準を最初にしっかり調べるほど効果的だと分かります。

お金が具体的にいくら足りないのか原因と共に分析する

お金が具体的にいくら不足しているのか、お金が足りなくなった原因と共に分析すると見通しを立てやすくなるはずです。

漠然とお金が欲しいと考えているだけならば、本当は無駄遣いをしたいだけであって、お金を作る以上に使っていたら根本的な解決にはなりません。

次の給料日までに3万円生活費が不足しているといった具体的な金額と期日が見えていれば、逆算してお金を作る方法が見えるはずです。

ポイントとなるのは、いつまでという時間といくらという金額であって、なぜお金が足りない状況となったのかという原因まで見えれば解決策を導きやすくなります。

冠婚葬祭費用が想定を上回ってしまい次の給料日までピンチならば、時間を稼ぐことを意識すればすぐにお金の作り方が分かります。

時間を稼げれば良いだけなら支払いを先延ばしにしてお金を作る方法が有効

時間を稼ぐためにお金を作る方法は、複数の手法があるので次のような方法から自分に合った手段を選択しましょう。

・カードローンでお金を借りる
・クレジットカード現金化で現金調達を行う
・後払い決済を利用して支払日を先送りする
・後回しにできる支払いを探して先送りする

次の給料日や賞与支給日が具体的に分かっていれば、お金を作る必要がある金額と期限に合わせて具体的な方法を見つけられます。

状況に応じて複数の手法を採用しても構いません。

根本的にお金が不足しているなら副業で稼ごう

期限の問題ではなくそもそも毎月お金が不足しているならば、慢性的にお金が欲しい状態が変わりません。

節約で済むかどうか確認した上で解決策が見つからなければ、思い切って転職や副業で稼ぐ必要があります。

毎月の収支を黒字化すれば根本的なお金の不足は解決するので、家計簿を作成して家計状況を分析すれば、いくら収支を改善すれば済むのか判断しやすいです。

・本業の収入が伸びる見込みなければ転職活動を行う
・副業で賄える程度の赤字なら副業を始める
・無駄遣いが多いなら支出を見直す

上記のような方法から自分に合った手法を選択して実行に移せば、数ヶ月程度で解決するはずです。

お金の作り方を知れば全て解決という状況とは限らず、いつまでにいくらお金が欲しいのか現状を把握することが重要です。

一時的にお金が不足しているだけならば、お金の作り方は複数の方法から選べばさほど問題になりません。

しかし、慢性的にお金が不足している状況ならば、一時的にお金を作るカードローンやクレジットカード現金化では賄いきれません。
根本的な家計収支を見直す必要があり、転職や副業に取り組まなければならない状況が生まれるわけです。

なぜお金が欲しいのか、状況を分析してから解決方法を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です