急遽お金が必要になった時にやってはいけないこと現金調達で人気の方法

親戚や友人が突然亡くなったり、突然結婚式のお知らせが来るような場合もなくはありません。

他にも色々な事情で現金が必要になりますが、焦りは禁物です。

お金が必要なのに不足している上、様々なことを考えないといけないわけですから、焦りがあると間違った判断をする恐れがあります。

そこで一旦落ち着いて、手を出べきではないNG方法と、多くの方が実践している人気の方法を知っておくのがおすすめです。

絶対NGの方法

闇金は当然NGとして、他にも避けたい方法があります。

まず、近年しばしば見かける個人間融資ですが、色々なリスクが潜んでおり、注意が欠かせません。

個人間融資はSNSやネット掲示板を使って、一般人同士がお金の貸し借りができる便利な仕組みなものの、貸金業法に抵触するおそれがある他、情報漏洩や闇金業者が参入しているなどの問題があります。

軽い気持ちで利用した場合、高額な金利や法外な見返りを強要されるトラブルが生じかねません。

給与ファクタリングも要注意で、特に手数料が高い場合はNGです。

手数料が高額なため金利換算すると、利息制限法の上限の数十倍になっているケースもあります。

手軽に審査には通りますが、落とし穴もあるのです。

まずやるべきこと

現金の調達を思い立った場合は、ひとまず落ち着いて状況を整理していきましょう。

まず考えたいのは、いつまでにお金を用意する必要があるかです。

期限が例え今日中でも、事情を説明すれば延期してもらえる可能性もあります。

できるなら一度相談してみて、タイムリミットを確認しておくと良いでしょう。

もしも1か月程度のゆとりがあるなら、銀行や公的な金融機関で借入れをするのが金利も安いですし、おすすめです。

審査に落ちてもまだ、別の手を考えられるのもメリット。

給与の振り込みに使っている銀行だと、審査には有利なので試してみましょう。

ゆとりが数日程度なら、友人や親せきに声をかけてみるか、質屋・リサイクルショップを検討してみます。

友人・親戚には場合によっては相談しにくいかも知れませんが、少額でしたら都合してくれる見込みはあります。

もちろん、きちんと期限内に返済して、信用を失わないことは大切です。

質屋やリサイクルショップでは不用品を売ったり、高級品を質入れすることで資金を調達できます。

希望価格で査定をしてもらうには何件か相見積もりをとる余裕が欲しいので、早い段階で活用しはじめると良いでしょう。

上記の選択肢が使えないか期限が今日までの時には、クレジットカードによる現金化が良く使われる方法です。

換金率や手数料に注意が必要ですが、業者によっては即日・短時間で入金されますので、切り札的に考えてみてはいかがでしょう。

現金化サービスの実際

クレジットカードのショッピング枠に残高があれば、早ければ数十分から数時間で現金を調達できます。

もちろん公的金融機関からの借り入れなどに比べると、手数料などは有利とは言えませんが、オンラインで手続きが完結するのと短時間の入金に対応しているサービスが多いため、期限ぎりぎりの場合は特に良く使われる方法です。

近年は経験を重ねて、リスクが低い運用をしているサービスも増えてきたので、実績や口コミから高換金率で安全なものをリサーチしてみてはいかがでしょうか。

■まとめ

現金調達で困った時には手軽でスピーディーなクレジットカードの現金化は、頼りになる存在と言えます。

1万円からの少額換金に対応しているサービスもありますし、数十万円の調達に成功した事例もあるようです。

初めての利用者には高換金率を約束しているサービスもあるので、困った時はチェックしてみましょう。

これは借入れではないので、現金化業者に返済する必要がないのも魅力。

ショッピング枠の決済時、引き落としに問題が生じないなら検討してみるのがおすすめです。

Related Posts

Sorry, no similar posts found.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です