急遽お金が必要なのに当てがない!クレジットカードがあればできる現金化とはどんなもの?

思わぬ事情で急遽お金が必要になったものの、どこかからお金を借りるのも躊躇をしてしまうし、かといって他に貸してもらえそうな当てもない、そんな困った状況の時の現金調達手段として利用されているのが、クレジットカードの現金化です。

ただ、クレジットカードを現金に換える方法があるということを知識としては知っているものの、実際には行った経験がないという声も少なからず聞かれます。

どういった仕組みでどのように手続きするのか、いざという時のためにチェックしていきましょう。

クレジットカードのショッピング枠にある残高を有効活用

買いもの時現金の代わりにクレジットカードで支払う際、ショッピング枠にある残高から清算を行います。

ショッピング枠はカード会社との契約の際に上限が決められ、後日、引き落とし日にカード会社に利用額を支払うことで、また翌月限度額いっぱいまで利用できるという仕組みです。

そして、クレジットカードで買いものをした分の支払いは、引き落としに指定している口座に現金がない状態であっても、ショッピング枠に残高さえあれば行うことができます。

その月に利用した分はまとめて翌月の支払い日に引き落とされるというように、クレジットカードで買いものをするタイミングと、カード会社への支払いへのタイミングのズレを利用したものが、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化で利用されるシステムについて

クレジットカード現金化というと手続きが難しいイメージがありますが、仕組み自体はとてもシンプルなものです。

現金化の専門業者で行われている手段は主に2種類、買取方式とキャッシュバック方式と呼ばれるものになります。

買取方式は文字通り、ショッピング枠で支払いをした商品をもう一度業者に買い取ってもらうことで、売価が手元に残るというシステムです。

キャッシュバック方式は同じくショッピング枠を使って商品を購入し、その商品についてくる特典という名目で現金がプレゼントされるというかたちを取っています。

家電や携帯電話の購入時にもよく見られるサービスです。

多くの業者でこの2種類の方法を用いて現金化が行われており、換金率に応じた現金が振り込まれます。

オンライン業者なら家にいながら手続きが完結

クレジットカード現金化は実店舗でも行うことができますが、昨今メインとなっているのがオンライン業者への申し込みです。

ネット環境さえ整っていれば、自宅にいながらすべての手続きを行うことができます。

まず、現金化業者を探して、申し込みフォームか営業時間内に電話で現金化を依頼。

メールやフォームを利用した際には折り返しスタッフから連絡が来ますので、そこで具体的に希望金額に対する換金率と入金額について説明を受けます。

承諾すれば、クレジットカードが申込人名義のものであるか身分証を添付、送信して本人確認を行い、その後は指定サイトでネットショッピングを行う流れです。

決済が確認され次第振り込みが行われますが、即日入金が可能な業者であれば、初めてでも1時間もかからずに現金調達ができます。

クレジットカード現金化のメリットとして、借り入れに当たらないことから審査不要で利用できるという点が挙げられます。

返済能力を調べるための面倒な収入証明や在籍確認などが必要ないため、事情があって借り入れを選択できないというかたでも申し込みが可能です。

また、クレジットカードにはショッピング枠の他もキャッシング枠がありますが、0円に設定しているかたやこちらの枠を使い切っているかたでも影響はありません。

ただし、くれぐれもカード会社への支払い日までに現金が用意できる範囲内で現金化することが大切。

急遽お金が必要になった時の手段として、賢く利用しましょう。